キャベツはとても栄養豊富な上に女性ホルモンを活性化!

キャベツ


あなたは、キャベツを食べていますか?

このキャベツは、さまざまな料理に使われているので食べる機会も多いかと思います。

ところが、キャベツは、体にいいだけでなく、女性ホルモンを活性化させるというのです。

これには、キャベツに含まれているボロンという栄養が関係していました。

ここでは、「キャベツに含まれている栄養」「キャベツを食べるメリット」「キャベツを食べるデメリット」についてお話していきます。

1.キャベツに含まれている栄養

キャベツには、ボロン・ ビタミンC・ ビタミンK・ビタミンU・カロテン・カルシウム・食物繊維が含まれています。

ちなみに、キャベツに含まれているビタミン類は、熱に弱いのでサラダなどで食べるのがオススメです。

2.キャベツを食べるメリット

キャベツを食べるメリットは、以下のとおりです。

  • ボロン
  • 女性ホルモンであるエストロゲンを活性化させる。
    そのため、バストケアや骨粗しょう症対策には欠かせない栄養素。

  • ビタミンC
  • 美肌効果やストレスを緩和させる。

  • カロテン
  • 抗酸化作用(老化を防止)がある。

  • ビタミンK
  • 血液を凝固する働きがある。
    そのため、潰瘍などで出血した傷口をふさいでくれます。

  • ビタミンU(キャベジン)
  • 粘膜の傷を治す働きがある。
    そのため、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の予防に効果あり。

  • 食物繊維
  • 便秘に効果あり。


3.キャベツを食べるデメリット

キャベツを食べ過ぎは、甲状腺が腫れるとの報告あり。





女性 指差し 白服

最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたは、キャベツを食べていますか?
このキャベツには、ボロン・ビタミンC・ビタミンK・ビタミンU・カロテン・食物繊維などの栄養が豊富です。
とくに、ボロンは、女性ホルモンを活性化する働きがあります。
その他、あなたにオススメする記事はこれです!



女性 支持棒 本持ち メガネ 白衣

キレイをつくるでは、バストケア商品はもちろん、バストケアに役立つ商品もご紹介しています。
もし宜しければ、一度ご覧になってみてください!