バスト周りの筋肉(大胸筋)を鍛えることでバストの垂れを防止!

腕立て伏せをする女性


あなたは、バストの垂れに悩んでいませんか?

年齢を重ねるごとにバストの垂れに悩んでいる方が多いかと思います。

ところが、大胸筋を鍛えるとバストの垂れを防ぐことができるというのです。

これは、大胸筋がバストを支えていることに関係していました。

ここでは、「大胸筋の説明」「大胸筋を鍛えるメリット」「大胸筋を鍛える方法」についてお話していきます。

1.大胸筋の説明

大胸筋は、以下のような働きがあります。

  • 女性の場合は、バストを支えている。
  • この大胸筋は、加齢と共に筋肉が衰え、バストの垂れてしまう原因になる。

  • 胸の左右に扇の形をしていて、呼吸運動や腕を動かすなどに関わっている筋肉。

2.大胸筋を鍛えるメリット

大胸筋の筋肉鍛えることで、加齢に伴うバストの垂れを防ぐことができる。

3.大胸筋を鍛える方法

大胸筋を鍛える方法とは、膝を床に付けた腕立て伏せです。

方法は、以下のとおりです。

  1. 膝と手を床につける。
  2. 上体をゆっくり上げてゆっくり下げる。
  3. 上記を10回×5セット。



※以下は、大胸筋を鍛える方法の参考動画





女性 指差し 紺服

最後まで読んで頂きありがとうございます。
大胸筋は、バスト支えている筋肉です。
この大胸筋は、年齢を重ねるごとに衰えていく。
その結果、バストが垂れてしまう。
対策としては、膝を床に付けた腕立て伏せが有効です。
その他、あなたにオススメする記事はこれです!




女性 指差し 白衣

キレイをつくるでは、バストケア関連商品をご紹介しています。
もし宜しければ、一度ご覧になってみてください!