バストの大きさは、遺伝ではなく女性ホルモンの分泌が影響!?

胸が小さい女性


あなたは、バストの大きさで悩んでいませんか?

おそらくバストの大きさは、遺伝が原因なのではないかと思っている方も多いことでしょう。

ところが、バストの大きさは、遺伝ではなく、第二次性徴期にある女性ホルモンの分泌量が原因だというのです。

これは、同じ母親から生まれた姉妹でもバストサイズが違うことからでもいえます。

ここでは、「第二次性徴期の説明」「女性ホルモンの分泌に悪影響をおよぼす14の生活習慣」についてお話ししていきます。

1.第二次性徴期の説明

女性は、第二次性徴期(10歳くらい)から、成人期にかけて女性ホルモンが分泌される。

この第二次性徴期に、女性ホルモンが多く分泌されると、バストは大きく成長し女性らしい体になっていきます。

ところが、第二次性徴期(10歳くらい)に生活習慣が乱れると、女性ホルモンの分泌に悪影響をおよぼし、バストを小さくしてしまうのです。


女性ホルモンの分泌に悪影響をおよぼす生活習慣とは、一体どんなことでしょうか?

2.女性ホルモンの分泌に悪影響をおよぼす14の生活習慣

女性ホルモンの分泌に悪影響をおよぼす14の生活習慣は、以下のとおりです。

  1. ストレス
  2. 食生活
  3. 運動不足
  4. 姿勢が悪い
  5. 体の冷え
  6. 睡眠不足
  7. タバコを吸う
  8. お酒の飲み過ぎ
  9. カフェインの摂り過ぎ
  10. きつい下着を着る
  11. 薄着が多い
  12. 入浴はシャワーで済ましてしまう
  13. 過激なダイエットをする
  14. 適度な水分補給をしない





女性 指差し 白服

最後まで読んで頂きありがとうございます。
バストの大きさは、遺伝ではなく第二次性徴期の女性ホルモンの分泌量が関係しています。
ところが、この第二次性徴期に生活習慣を乱してしまうと、女性ホルモンの分泌が減少し、バストを小さくしてしまうのです。
その他、あなたにオススメする記事はこれです!



女性 支持棒 本持ち メガネ 白衣

キレイをつくるでは、バストケア商品はもちろん、生活習慣の改善にも役立つ商品もご紹介しています。
もし宜しければ、一度ご覧になってみてください!