女性ホルモンの分泌が乱れるのは、お酒の飲み過ぎ!?

ビール飲む女性


あなたは、よくお酒を飲みませんか?

友人たちとワイワイいいながら、お酒を飲むのは、とても楽しいですよね。

ほろ酔い程度のお酒は、血行や新陳代謝を良くし、ストレス解消もしてくれます。

ところが、お酒を飲み過ぎると、女性ホルモンの分泌を乱し、バストに悪影響をおよぼすというのです。

これには、お酒のアルコールを分解している肝臓が関係していました。

ここでは、お酒によるバストへの影響についてお話していきます。

お酒の飲み過ぎによるバストへの影響

肝臓では、「アルコールの解毒(毒を無毒化すること)」と「女性ホルモンの分解」を行っている。
※アルコールは、体内で、毒性が高いアセトアルデヒドに分解される。

お酒を飲み過ぎると、肝臓では以下の2つのことが起こっている。

  1. アルコールの解毒のために、バストに必要な栄養(タンパク質・ビタミン・ミネラル)を大量に消費する。
  2. その結果、バストに必要な栄養が届きにくくなってしまう。

  3. アルコール分解の方を優先してしまい、女性ホルモンの分解がされなくなってしまう。
  4. 分解されない女性ホルモンが体内に残ってしまい、ホルモンバランスを崩す。
    その結果、「月経周期を乱す」「乳がんの確率が高くなる」「皮下脂肪がつきやすい」などが起こりやすい。



女性 指差し 白服

最後まで読んで頂きありがとうございます。
お酒を飲み過ぎると、女性ホルモンの分泌が乱れ、バストに悪影響を与えます。
これは、女性ホルモンを分解している肝臓がアルコール分解に集中するため、「バストに必要な栄養が消費される」「女性ホルモンの分解がされなくなる」からです。
そのため、お酒の飲み過ぎには気をつけましょう。
その他、あなたにオススメする記事はこれです!



女性 指差し 白衣

キレイをつくるでは、バストケア商品はもちろん、栄養補給の商品もご紹介しています。
もし宜しければ、一度ご覧になってみてください!