毛を抜く行為が、かゆみなどの炎症や埋没毛になってしまう原因!?

毛を抜く


あなたは、ムダ毛が気になって抜いたりすることありませんか?

例えば、「男性だと剃り忘れたヒゲが伸びている時」「濃いムダ毛が1本だけ生えて目立っている時」など

ところが、このムダ毛を抜く行為が、炎症や埋没毛の原因になってしまうというのです。

これには、ムダ毛を抜くことによって、毛細血管を傷つけることなどが関係していました。

ここでは、「ムダ毛を抜くことが良くない2つの理由」「ムダ毛を抜く時に注意すること」についてお話していきます。

1.ムダ毛を抜く行為が良くない2つの理由

ムダ毛を抜く行為が良くない理由は、以下の2つです。

  1. 毛細血管を傷つけてしまう。
  2. 毛の毛根は、毛細血管とつながっている。
    そのため、ケアせず、毛を抜くと毛細血管を傷つけ、炎症を引き起こす。

  3. 毛根が斜めになってしまう。
  4. 毛を引っ張って抜くと、毛根が斜めになってしまうことがある。
    そのため、毛が皮ふの外に生えず、皮ふ内で生えてしまい埋没毛になってしまう。


2.ムダ毛を抜く時に注意すること

毛を抜く前後にケアする必要があります。

ここでは、「毛を抜く前」と「毛を抜いた後」のケアについてお話していきます。

①毛を抜く前のケア

毛を抜く前のケアは、以下の2つです。

  1. 炎症が起こらないように、肌を清潔にする。
  2. 蒸しタオルで毛を温める。
  3. 毛穴を広げ、毛を抜けやすくなります。


②毛を抜いた後のケア

毛を抜いた後のケアは、以下の3つです。

  1. 肌荒れを防ぐために、化粧水などで肌を保湿する。
  2. 冷たい濡れタオルで、肌を冷やす。
  3. 炎症を防ぐために、肌を清潔に保つ。





女性 指差し 白服

最後まで読んで頂きありがとうございます。
何もケアをせず、毛を抜くと、炎症(痒みやブツブツなど)や埋没毛の原因となります。
そのため、「毛を抜く前には、肌を清潔にする・毛を抜きやすくする」「毛を抜いた後には、肌を冷やす・肌の保湿と清潔する」ことが大切です。
その他、あなたにオススメする記事はこれです!



女性 支持棒 本持ち 白衣

キレイをつくるでは、ムダ毛処理商品はもちろん、ムダ毛になってしまう原因対策の商品もご紹介しています。
もし宜しければ、一度ご覧になってみてください!