海辺で遊ぶ女の子たち


あなたは、紫外線対策をしていますか?

おそらく、お肌のために紫外線対策をしている方が多いかと思います。

ところが、紫外線は、お肌だけでなく、ムダ毛、髪や頭皮にも影響をおよぼしてしまうというのです。

これには、紫外線による体へのダメージが大きいことが関係していました。

ここでは、「紫外線による影響」と「紫外線対策」についてお話していきます。

1.紫外線による影響

紫外線を浴び続けると、「ムダ毛が濃く」「白髪」「薄毛」になります。

ちなみに、短時間の紫外線浴びは、人間の体に必要なビタミンD(骨の健康を保つ働き)を生成します。

「ムダ毛が濃く」「白髪」「薄毛」になる原因は、以下のとおりです。

①ムダ毛が濃くなる原因

紫外線を浴び続けると、肌にダメージを与え、「シミ」「しわ」「皮ふガン」の原因となる。

そのため、紫外線から肌を守るために、ムダ毛を濃くします。

②白髪になる原因

白髪になる原因は、以下のとおりです。

  • 髪の日焼け。
  • 紫外線が、髪の黒い成分であるメラニンを分解してしまう。
    その結果、髪の黒色が赤茶色に変色し、光の加減によっては、白髪に見える。

  • 色素細胞が損傷する。
  • 紫外線によって、毛母細胞や色素細胞を損傷してしまう。
    ※色素細胞は、髪の黒色のメラニンを生成しています。
    その結果、黒い色素が生成されなくなり、白髪になってしまう。


③薄毛になる原因

薄毛になる原因は、以下のとおりです。

  • 毛母細胞へのダメージ。
  • 紫外線が、髪の毛を作っている毛母細胞に直接ダメージを与えてしまう。
    その結果、髪を生成できなくなる。

  • 活性酸素の増加。
  • 紫外線を浴びると、活性酸素を増加させる。
    ※活性酸素は、細胞を破壊し、体を老化させる。
    その結果、毛母細胞の働きを悪くしたり、破壊し、髪の生成ができなくなってしまう。


2.5つの紫外線対策

紫外線対策は、主に以下の5つです。

  1. 紫外線の強い時間帯である10時から14時の間の外出を控える。
  2. お肌のUVケア商品を使う。
  3. 髪には、UVカット効果のあるトリートメントを使用する。
  4. 髪の毛にも使える「日焼け防止スプレー」を使用する。
  5. UVカット用の帽子を被ったり、日傘を使用する。




    1. 女性 指差し 紺服

      最後まで読んで頂きありがとうございます。
      あなたは、紫外線対策をしていますか?
      もししていないと「ムダ毛が濃く」「白髪」「薄毛」になってしまいます。
      これは、紫外線によって、「毛母細胞や色素細胞の損傷」「活性酸素の増加」などが原因です。
      そのため、「紫外線の強い時間帯である10時から14時の間の外出を控える。」などの対策が必要です。
      ちなみに、短時間の紫外線浴びは、体に必要な「ビタミンD」を生成してくれます。
      その他、あなたにオススメする記事はこれです!



      女性 支持棒 本持ち メガネ 白衣

      キレイをつくるでは、美容商品のご紹介をしています。
      もし宜しければ、一度ご覧になってみてください!