ブロッコリーには、歯のエナメル質を守る成分が豊富

ブロッコリー


あなたは、ブロッコリーを食べていますか?

おそらく、このブロッコリーは、健康にいいため、サラダ、スープやシチューなどで、よく食べている方も多いかと思います。

ところが、このブロッコリーは、歯の健康を保つためにも必要な野菜だったのです。

これには、歯を守るために必要な膜をつくる成分が含まれているからでした。

ここでは、「ブロッコリーに含まれている栄養」「ブロッコリーを食べるメリット」「ブロッコリーを食べるデメリット」についてお話していきます。

1.ブロッコリーに含まれている栄養

ブロッコリーには、β-カロテン・ビタミンB・ビタミンC・ビタミンE・ミネラル(鉄分など)・食物繊維が豊富に含まれている。

2.ブロッコリーを食べるメリット

ブロッコリーを食べるメリットは、以下の3つです。

  1. 歯を守ってくれる。
  2. 歯の表面のエナメル質は、酸に弱いため、膜をはって守っている。
    この膜には、鉄分が必要。

  3. 老化を防ぐ(抗酸化作用)
  4. β-カロテンやビタミンEには、老化を防ぐ働きがある。
    また、βーカロテンに含まれるルテインは、紫外線から目を守ってくれる。

  5. 免疫を高め、風邪を予防する
  6. ビタミンCには、免疫を高め、風邪を予防する働きがある。


3.ブロッコリーを食べるデメリット

ブロッコリーを食べるデメリットは、以下の2つです。

  1. 口臭の原因になる。
  2. ブロッコリーには、インドールという成分が含まれている。
    このインドールは、歯の間に食べカスとして残ると発酵し、口臭となる。

  3. 体内へのヨウ素の吸収を抑える。
  4. ブロッコリーには、チオ-オキサゾリジンという成分が含まれている。
    このチオ-オキサゾリジンは、体内へのヨウ素の吸収を抑えてしまう。
    ただし、ヨウ素不足は、頭の回転、感覚・運動が鈍くなってしまうので要注意。
    ブロッコリーを食べる時は、海藻と一緒に食べることをオススメします。





女性 指差し 白服

最後まで読んで頂きありがとうございます。
ブロッコリーには、エナメル質を酸から守る膜に必要な鉄分が含まれています。
その他、老化を防ぎ、風邪を予防する栄養も含まれている。
ただし、ブロッコリーには、食べカスとして残ると、口臭の原因となる成分もあるので気をつけましょう!
その他、あなたにオススメする記事はこれです!