ホワイトニングに向かない歯

教える


あなたは、白い歯にあこがれていませんか?

歯が白いと健康的で爽やかに見えるので、歯のホワイトニングをしようと考えている方もいるかと思います。

ところが、歯の状態によっては、歯のホワイトニングをしても、歯が白くならない場合もあるというのです。

ここでは、歯のホワイトニングをしても、歯が白くならないことについてお話していきます。

歯のホワイトニングをしても、歯が白くならない6つの原因

歯のホワイトニングをしても、歯が白くならない原因は、以下の6つになります。

  1. 歯の質の場合
    • 歯の質によって、歯のホワイトニングの効果が出にくい場合があります。
    • 低い濃度の歯のホームホワイトニングを行っている場合には、歯が白くなるまでに長期間かかる場合があるようです。
  2. 歯に詰め物(樹脂の詰め物、金属ブリッジの連結部分、セメントなど)が多い場合
  3. 歯に詰め物(樹脂の詰め物、金属ブリッジの連結部分、セメントなど)がある場合などは、詰め物(樹脂の詰め物、金属ブリッジの連結部分、セメントなど)には歯のホワイトニングで白くなりにくいですので歯のホワイトニング効果がないと感じられます。

  4. 歯の神経が死んでいるか歯の神経が退縮(縮小)している場合
    • 歯の神経が抜かれてない場合や歯の神経が死んでいる場合には、歯の ホワイトニングで白くならない場合があります。
    • めったにないことですが、過去に 歯の打撲したことがあったり、歯の矯正治療の経験がある方は神経が退縮(縮小)によって、歯のホワイトニングの効果が出ないことがあります。
  5. 抗生物質の服用によって 歯が着色してしまった場合
  6. テトラサイクリン系の抗生物質※による着色は、着色の色の種類や色の濃さ、着色の場所によっては ホワイトニングで 歯が 白くならない場合があります。
    ※代表的な薬にミノマイシン錠、ビブラマイシン錠などがあります。

  7. 歯の裏に詰めている金属によって着色した場合
  8. 歯の裏に金属が詰まっている場合に、金属イオンが 歯に染み出てきて黒っぽくなる場合があります。

  9. ホワイトスポットによる場合
  10. ホワイトスポットとは、 歯の表面に、白い斑点などのことを言います。
    歯の表面のエナメル質からカルシウムが抜けるためで、虫歯の初期段階のものと考えられています。

参考サイト:歯のホワイトニングで白くならない場合の対処法教えます!





女性 指差し 水色服

最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたは、白い歯にあこがれていませんか?
それならば、歯のホワイトニングをオススメします。
ただし、歯の質や詰め物、歯の神経が死んでいるなどが歯の状態によっては、白い歯にならないこともあります。
その他、あなたにお勧めする記事はこれです!



女性 支持棒 本持ち メガネ 白衣

キレイをつくるでは、歯のホワイトニング商品はもちろん、関連する商品もご紹介しています。
もし宜しければ、一度ご覧になってみてください!