歯の表面に付いた歯垢を落としてくれるゴマ

ゴマ


あなたは、ゴマを食べてますか?

ゴマは、昔から漢方薬として使われるほど「不老長寿の秘薬」で、栄養が豊富に含まれているため、注目されています。

おそらく、すりゴマやゴマ油などで食べている方も多いかと思います。

しかも、このゴマは、体に良いだけでなく、歯の健康維持にも必要な食べ物だったのです。

これには、ゴマの硬い皮やゴマに含まれている栄養が関係していました。

ここでは、「ゴマに含まれている栄養」「ゴマを食べるメリット」「ゴマを食べるデメリット」についてお話していきます。

1.ゴマに含まれている栄養

ゴマには、以下の栄養が含まれています。

  • ミネラルが豊富
  • カルシウム・マグネシウム・鉄・リン・亜鉛など。

  • ビタミン類が豊富
  • ビタミンB1(疲労などの緩和)・ビタミンB2(血圧やコレステロールを下げる)など。

  • 必須脂肪酸であるリノール酸オレイン酸が含まれている。
  • 抗酸化物質であるリグナン(ゴマでは、セサミンセサミノールなど)が含まれている。

2.ゴマを食べるメリット

ゴマを食べるメリットは、以下の3つです。

  1. 歯の健康に役立つカルシウムやビタミンが含まれている。
  2. また、ゴマを食べることにより、歯の表面に付いた歯垢を落とす。

  3. 必須脂肪酸であるリノール酸やオレイン酸には、コレステロールを抑制する。
  4. リグナン(ゴマではセサミンやセサミノールなど)は、体内に発生する活性酸素(老化を進行させる)を抑える。

3.ゴマを食べるデメリット

ゴマを食べるデメリットは、以下のとおりです。

  • ゴマは、硬い皮で覆われているので消化・吸収されにくい。
  • ゴマアレルギーを起こす場合がある。
  • とくに、子供やアレルギー体質の方は注意が必要です。





女性 指差し 白服

最後まで読んで頂きありがとうございます。
ゴマには、さまざまな栄養が含まれています。
そのうち、カルシウムやビタミンは、歯の健康に役立つ。
また、ゴマを食べることで、歯の表面に付いた歯垢を落としてくれます。
その他、あなたにオススメする記事はこれです!



女性 支持棒 本持ち 白衣

キレイをつくるでは、歯のホワイトニング商品はもちろん、関連する商品もご紹介しています。
もし宜しければ、一度ご覧になってみてください!