バジルの抗菌作用で口内環境を整えることが可能!

バジル


あなたは、さまざまな料理に使われているバジルを知っていますか?

例えば、スパゲティー、ピザやサラダなどのイタリア料理。

あの爽やかな匂いは、食欲を増進してくれますよね。

しかも、このバジルは、口内のバクテリアを殺菌し、口内環境を整えてくれるというのです。

これには、バジルに含まれるシネロール抗菌作用が関係していました。

ここでは、「バジルに含まれる成分」「バジルを食べるメリット」「バジルのデメリット」についてお話していきます。

1.バジルに含まれる成分

バジルには、βーカロテン・ビタミンE・ミネラル(カルシウム、鉄分、マグネシウム)・シネロール・アネトール・サポニンなどを含んでいる。

2.バジルを食べるメリット

バジルを食べるメリットは、以下の3つです。

  1. 抗菌作用
  2. シネロールが、口の中で発生するバクテリアを殺菌し、口内環境を整えます。

  3. 老化の防止(抗酸化作用)
  4. βーカロテンやサポニンには、老化を防止する働き。

  5. その他
  6. アネトールには、胃腸の働きを良くする働き。


3.バジルのデメリット

バジルのデメリットは、「バジルを直接肌につけると、肌荒れを起こすこと」がある。




女性 指差し 白服

最後まで読んで頂きありがとうございます。
バジルは、ハーブの一種で、スパゲティー、ピザやサラダなどの料理に使われています。
このバジルには、殺菌作用・食欲増進・消化促進・老化予防の働きがある。
そのため、口の中で発生しているバクテリアを減少させ、口内環境を整えてくれます。
その他、あなたにオススメする記事はこれです!



女性 支持棒 白衣

キレイをつくるでは、歯のホワイトニング商品はもちろん、関連する商品もご紹介しています。
もし宜しければ、一度ご覧になってみてください!