歯げしりは、歯を削り歯を老化させてしまう原因!?

眠る女性


あなたは、寝ている時に、よく歯げしりをしてませんか?

歯げしりは、家族などに指摘されるまで気づかない方が多いかと思います。

ところが、この歯げしりは、歯の老化を早めてしまうというのです。

これには、歯げしりが、歯の表面にあるエナメル質を削ってしまうことに関係していました。

ここでは、「歯げしりが歯を老化させる原因」「歯げしりをしないための対策」についてお話していきます。

1.歯げしりが歯を老化させる原因

歯げしりを続けていると、歯の表面にある白色のエナメル質がすり減って薄くなり、下層にある黄色っぽい象牙質が見えてくる。

その結果、歯が黄ばんだように見えてしまう。(いわゆる、歯の老化が進む)

2.歯げしりをしないための対策

歯げしりをしないための対策は、以下の2つです。

  1. 過渡なストレスを溜めこまない。
  2. とくに、寝る前はリラックスしましょう。

  3. 歯医者で、マウスピースを作ってもらい、寝る時に装着する。





女性 指差し 白服

最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたは、寝ている時によく歯げしりをしていませんか?
この歯げしりは、肩こりや頭痛を引き起こす他に歯の老化を早めてしまいます。
これは、歯げしりによって、歯の表面にあるエナメル質が削れ、下層にある黄色っぽい象牙質が見えるくるようになるからです。
その他、あなたにオススメする記事はこれです!



女性 支持棒 白衣

キレイをつくるでは、歯のホワイトニング商品はもちろん、関連する商品もご紹介しています。
もし宜しければ、一度ご覧になってみてください!