歯のホワイトニングできないのは、4つのタイプ

女性 ダメ


あなたは、誰でも歯のホワイトニングができると思っていませんか?

ところが、歯の状態によっては、歯のホワイトニングをできないことがあるというのです。

ここでは、歯のホワイトニングができない4つのタイプについてお話していきます。

歯のホワイトニングができない歯のタイプ

歯のホワイトニングができないタイプは、以下の4つです。

  1. 入れ歯、セラミックの歯や差し歯の場合
  2. 歯のホワイトニングは、自分の歯であることが前提です。

  3. 虫歯・重度の歯周病・知覚過敏・歯に亀裂が入っている場合
  4. ホワトニングの際、痛みを感じてしまいます。

  5. 神経のない歯抗生物質で変色している場合
  6. 歯の内側から色がついているため、ホワトニングをしても白くなりません。

  7. 14歳以下の子供や妊娠中の場合
  8. 体に悪影響をおよぼす可能性があります。





女性 指差し 紺服

最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたは、誰でも歯のホワイトニングができると思っていませんか?
ところが、歯のホワイトニングをできない歯のタイプがあるというのです。
これは、「人工の歯」「歯に痛みを感じる状態」「歯の内側から色が付いている状態」「子供や妊婦」です。
その他、あなたにオススメする記事はこれです!



女性 指差し 白衣

キレイをつくるでは、歯のホワイトニング商品はもちろん、関連する商品もご紹介しています。
もし宜しければ、一度ご覧になってみてください!