虫歯は、口内環境を悪化させ、歯の老化をも進行させる原因!?

女性 虫歯


あなたは、虫歯を放置していませんか?

例えば、「仕事などが忙しくて歯医者にいけない」「虫歯になっているのに気づかない」など。

ところが、この虫歯を放置しておくと、歯の老化を進行させてしまうというのです。

これには、虫歯によって歯を溶かしてしまうことが関係していました。

ここでは、「虫歯によって歯の老化が進む理由」「虫歯の予防方法」についてお話していきます。

1.虫歯が歯の老化させてしまう原因

虫歯とは、酸によって歯が溶かされる病気のこと。

具体的には、歯と歯ぐきの隙間に、食べ物のカスが溜まると歯垢(プラーク)ができる。

この歯垢(プラーク)に虫歯菌が繁殖すると、酸を作り出し、歯の表面のエナメル質を溶かし始めます。

さらに、進行すると歯に穴があきます。

その結果、患部付近を茶褐色や黒くし、歯の老化を進行させてしまう。

とくに、奥歯が虫歯になりやすい。

2.虫歯の予防方法

虫歯の予防方法は、以下の5つです。

  1. 糖分の多い飲食物を控える。
  2. 歯医者で、定期的な歯のクリーニングを受ける。
  3. 朝起きた時と寝る時に歯磨きをする。
  4. キシリトール入りのガムなどを食べる。
  5. フッ素入りの歯磨き粉の使用する





女性 指差し 白服

最後まで読んで頂きありがとうございます。
虫歯は、虫歯菌の酸によって歯が溶かされる病気のこと。
虫歯は、歯を茶褐色や黒くするため、歯の老化を進行させてしまう。
虫歯対策としては、「歯医者で定期的なクリーニング」「糖分の多い物を避ける」などがあります。
その他、あなたにオススメする記事はこれです!



女性 支持棒 本持ち 白衣

キレイをつくるでは、歯のホワイトニング商品はもちろん、関連する商品もご紹介しています。
もし宜しければ、一度ご覧になってみてください!