睡眠不足は、髪の修復などがされないため、薄毛になるかも!?

女性 睡眠不足


あなたは、最近、睡眠不足ではないですか?

例えば、インターネットやゲームなどで夜更かししているなど。

ある調査結果によると、睡眠不足を感じている日本人は、2人に1人もいるとのこと。

ところが、この睡眠不足は、健康に悪いだけでなく、髪の健康維持を妨げ、薄毛にしてしまうというのです。

これには、髪の健康維持に関わる成長ホルモンの分泌が大きく関わっていました。

ここでは、「睡眠不足と髪との関係」「成長ホルモンを分泌させるための対策」についてお話していきます。

1.成長ホルモンと髪との関係

この成長ホルモンは、髪・骨・筋肉・代謝の促進・体の恒常性(一定の状態に保つ働き)の健康維持や修復する。

そして、この成長ホルモンは、自律神経の副交感神経が活発な睡眠時に分泌されます。
※自律神経とは、自分の意志でコントロールできない神経のことで、「起きている間や緊張した時に働く交感神経」と「寝ている時などリラックスした時に働く副交感神経」があります。

寝てから、30分から3時間くらいで、成長ホルモンが活発に分泌され始め、命に関わる部分から優先的に維持や修復します。

つまり、命にかかわらない髪の健康維持や修復は、後回しとなってしまうということ。

その結果、睡眠時間が短い(睡眠不足)と、成長ホルモンによる髪の健康維持と修復が間に合わず、薄毛になってしまうのです。

2.成長ホルモンを分泌させるための対策

薄毛にならないようにするための対策は、以下のとおりです。

  • 22時~2時の間に寝る。
  • 成長ホルモンの分泌のゴールデンタイムは、22時~2時です。
    できるだけ、毎日規則正しく、上記の時間帯に寝るようにしましょう。

  • 深い睡眠へ導くようにする。
  • 深い睡眠が、成長ホルモンの分泌を活発にさせます。
    深い睡眠に導くためには、寝る前にカフェインやタバコなどを控えましょう。
    ※カフェインやタバコなどは、睡眠を浅くさせてしまいます。





女性 指差し 水色服

最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたは、睡眠不足ではないですか?
睡眠不足は、髪の成長に関わる成長ホルモンの働きに悪影響をおよぼし、薄毛にしてしまう。
そのため、「22時~2時の間に寝る」「深い睡眠へ導くようにする」ようにしましょう。
その他、あなたにオススメする記事はこれです!

  • 老若男女必見!髪の成長や健康に必要な3つの栄養
  • 老若男女必見!寒い冬が髪に与える6つの悪影響
  • 老若男女必見!薄毛の原因になる4つの抜け毛のタイプ


  • 女性 指差し 白衣

    キレイをつくるでは、育毛商品はもちろん、関連する商品もご紹介しています。
    もし宜しければ、一度ご覧になってみてください!