大豆イソフラボンが毛を薄くする理由

大豆イソフラボン


あなたは、大豆イソフラボンを含む食品をよく食べていますか?

例えば、「大豆」「納豆」「おから」など

これらの食品は、健康にいいといわれているので、よく食べてる方が多いかと思います。

ところが、大豆イソフラボンは体にいいだけでなく、ムダ毛を薄くしてくれるというのです。

これには、大豆イソフラボンの化学構造が、女性ホルモンと似ていることが関係していました。

ここでは、「大豆イソフラボンの働き」「大豆イソフラボンを含む食品」「大豆イソフラボンのデメリット」についてお話していきます。

1.大豆イソフラボンの働き

大豆イソフラボンの働きは、以下の2つです。
※大豆イソフラボンの化学構造は、女性ホルモンの1つであるエストロゲンに似ている。

  1. ムダ毛を薄くする。
  2. ムダ毛が濃くなるのは、一定の割合で存在している女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが崩れることが原因。
    ※女性の体にも、ムダ毛を濃くする男性ホルモンが存在しているが、女性ホルモンの方が圧倒的に多い。

  3. 更年期障害骨粗しょう症対策や予防ができる。

2.大豆イソフラボンを含む代表的な食品例

大豆イソフラボンを含む代表的な食品は、以下のとおりです。

  • 大豆
  • 煮大豆
  • きな粉
  • 豆腐
  • おから
  • 納豆
  • みそ
  • しょうゆ
  • 豆乳
  • 油揚げ

3.大豆イソフラボンのデメリット

大豆イソフラボンの過剰摂取は、ホルモンバランスを崩し、「月経周期を遅らせる」「子宮内膜増殖症」になる可能性を高める。




女性 指差し 紺服

最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたは、大豆イソフラボンを含む豆腐・納豆・おからを食べていますか?
この大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似ているため、ムダ毛を濃くする男性ホルモンの割合を減らし、毛を薄くしてくれます。
ただし、過剰摂取は、女性ホルモンのバランスを崩し、「月経周期を遅らせる」「子宮内膜増殖症」になる可能性が高い。
その他、あなたにオススメする記事はこれです!



女性 支持棒 白衣

キレイをつくるでは、ムダ毛処理商品はもちろん、ムダ毛になってしまう原因対策の商品もご紹介しています。
もし宜しければ、一度ご覧になってみてください!