歯のホワイトニングする前に歯石を取っておいた方がいい理由

歯 治療


あなたは、歯に歯石が付いていませんか?

歯石とは、食べカスの塊でなく、細菌によって作り出された歯垢(プラーク)石灰化した硬い塊のこと。

この歯石は、虫歯歯周病の原因になるため、定期的に歯医者で取り除くことが推奨されています。

ところが、ホワイトニングをする前にも、歯石を取り除いておいた方が良いというのです。

これには、歯石によって歯ぐきを傷めていることが関係していました。

ここでは、ホワイトニング前に歯石を取り除いた方がいい理由についてお話していきます。

ホワイトニング前に歯石を取り除いた方がいい理由

歯のホワイトニングする前に歯石を取り除いた方がいい理由は、「歯石は歯ぐきを傷める(炎症を起こす)ため、ホワイトニングに使う薬剤がしみ、痛みを感じる」からです。

上記のことから、歯のホワイトニングをする前に、歯医者で歯石取りをオススメします。




女性 指差し 白服

最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたは、歯に歯石が付いていませんか?
この歯石は、細菌によって作り出された歯垢(プラーク)が石灰化したもので、歯ぐきを傷めてしまう。
そのため、歯のホワイトニングをする前に、歯石を取っておかないと、薬剤で痛みを感じてしまいます。
その他、あなたにオススメする記事はこれです!



女性 支持棒 本持ち 白衣

キレイをつくるでは、歯のホワイトニング商品はもちろん、関連する商品もご紹介しています。
もし宜しければ、一度ご覧になってみてください!